飲食店のレジの選び方

レジ

飲食店を経営するにあたり、準備しなくてはならないモノの1つがレジです。「レジなんて計算できればいいんでしょう?」「アナログな人間だから難しいレジは無理!」「そもそもどんなレジがあるのかわからない」という方も一度ご一考ください。
飲食店のレジの選び方について、まとめてみました。

レジ選びが飲食店経営にとって大事な理由

レジスターとは?

レジスターとは、一般的にお店で会計を行う際にある、あの機械のことを言います。主に普通のシンプルなレジスター、POSレジ、タブレットレジ、タブレットPOSレジといった種類があります。

どうしてレジ選びが飲食店にとって大事なのか?

お店を開くことがなければ、きっとレジを購入することは考えなかったのではないかと思います。だからレジなんてどれでも一緒なのでは?お金の計算ができればいいのでは?と思われがちですが、適当に決めてしまうとレジ閉めに非常に時間がかかってしまったり、逆に余計なボタンがあって使わなかったりするため、実はレジ選びは飲食店にとってとても大事なのです。

レジスターとは&こんな店は選ぶべき

レジスター

会計をするためのシンプルなレジのことを言います。ボタンが少なく操作を覚えるのは簡単ですが、キャッシュドロア(お金を入れる引き出し部分)とレシート印刷の機能くらいしかついておらず、会計をする以外のことはできません。また手動なのでミスや不正が起きやすいというデメリットがあります。

タブレットレジ

iPadなどのタブレット端末にレジ機能をインストールして使用します。周辺機器と無線で通信するため、インターネット接続は必須ですが、持ち運びができます。レジを置くスペースを取らない、テーブルで注文を受けたり会計をしたりすることができるというメリットがあります。

レジスター、タブレットレジを選んだ方がいいのはこんな店

あくまでも小規模で個人経営にこだわる人にとっては、レジスターはとても安価でお手軽に購入できるアイテムです。
店舗拡大や利益拡大はそれほど重要でなく、自分1人で店を経営していくことに意義がある人にとっては、レジスターで十分かもしれません。
また映画で見るようなオシャレでレトロなレジを選べることも、レジスターを使用するメリットと言えるでしょう。

POSレジとは&こんな店は選ぶべき

POSレジ

POSとはPointsofSales(販売時点情報管理)の略であり、スーパーや飲食店などの販売動向をコンピューターでチェックし、情報を多角的に分析して、マーケティングや在庫管理、物流システムなどを統合的に管理するシステムのことをいいます。
つまりPOSレジは、商品が販売された時点で売り上げなどが管理され、会計だけでなくデータ収集などもできるので、業務を大幅に効率化することができます。また不正やミスを防ぐのにも役に立ちます。

タブレットPOSレジ

タブレットレジにPOS機能が搭載されたタイプのレジスターです。別のタブレットでも情報を見ることができ、導入&運用費用を抑えることができます。持ち運びが可能で、レジのスペースが必要ありません。

POSレジ、タブレットPOSレジを選んだ方がいいのはこんな店

これから2号店、3号店を出したいという多店舗展開を望むのであれば、POSレジ、もしくはタブレットPOSレジを選んだ方がよいでしょう。

商品と代金を引き換えることの多いファーストフード店やテイクアウト店であれば、レジの場所が固定されているためにPOSレジを購入することをお勧めします。
またキッチンカーなどの移動販売や、イベントなどの突発的にレジが必要になる場合には、持ち運びのできるタブレットPOSレジが最適でしょう。

その他、備品の記事はこちら → 飲食店の備品で大切なこと

まとめ

飲食店のレジの選び方についてまとめてみました。
一度購入すれば数年は使用するものですし、その機能によっては業務の大幅な効率化を望むことができるアイテムでもあります。
初めてのレジ選びは是非とも慎重に行いたいものですね。